2007年11月18日

事前準備

<はじめに>
私がこの旅に出る前に「マスターズカップ上海」でググっても、ほとんど検索出てきませんでした。なので、来年行こうかなーと思ってる方達の指南になればいいなとの思いもありつつ記してみます。参考になったら・・・コメントでも残してください(笑)。
写真は、ちっちゃいやつはクリックすると大きくなります。

異動して初の有給取得(2日だけど)して行ってきました。
テニス・マスターズ・カップ上海。
年間上位8人が出場。リーグ戦→決勝ラウンド、という、ウォッチャーにとってはたまらんシロモノ。
つまり簡単に言うと、どの対戦を見ても、グランドスラム準々決勝以上の顔合わせが見られるということですよ。うぉー・・・。
グランドスラムやったら、とっても遠いところまで行かなくてはならない→金も時間もかかる。金はまあどうにかなるとしても、1週間の有給とか、普通の時期にはまず取りづらい。
でも、上海って!そんな近くまで来てくれるんなら、行きますよう!2日休めば、いや、ヘタしたら1日休めばイケるやん!
さっそく、もろもろのチケット手配。エアはJALのマイルで。ちょうどマイル2割引キャンペーン中だった。ラッキー!そういえば去年もこのキャンペーンに乗っかって香港行ったな。
ホテル選び。これがけっこう迷った・・・。本当は、歴史ある「和平飯店」にぜひとも、ぜひとも泊まりたかった。昔、和平飯店に泊まることを目的に上海旅行を企図したこともあるくらい。しかし!和平飯店はリノベート中で2008年まで全面営業停止でした・・・(泣!)
さてどうしよう。他のクラシックホテルも探したけど、思い入れのないクラシックホテルって、古さによる怖さが先に立ったりもするのでけっこう危険なんだよね・・・思い入れがあればそれも雰囲気と捉えられるのだけど。(去年ホーチミンでコンチネンタルに泊まった時なんて、思い入れがあったにもかかわらず廊下とか風呂場とかけっこうKoeeeと思ったし(笑)しかも友人と一緒だったのに。)ア、クラシックホテルといえば錦江飯店はどうだ?中国語の教科書の「請到錦江飯店了」という例文、まだ覚えているぜ。場所もいいし。しかし、時期的なものもあるのか?けっこう高い。多分外にいることが多い旅になるだろうので、あんまり金かけたくないのも本音。
さてどうしよう。なにせ上海はおろか中国大陸は初めての私。上海なら外資系もたくさんあるし、外資にしておけば間違いはないだろうけど・・・でも外資の画一的なサービスはひとり旅だと安心だけどつまんねえんだよな・・・(←すでに間違っているような。考え方が)普通に高いし。
結局・駅に近い(初めての土地なら最重要項目)・それなり、ってとこで探しだした。「ホンコンプラザ・サービスアパートメント」。上海で香港とは・・・。福岡で「東京第一ホテル」みたいなもんか。
あとで見てたら経営は香港のフラマグループでした。安心安心。
よく使うタイのホテル予約サイトから予約。
肝心の観戦チケット。これはオフィシャルサイトから予約した。支払いがオンラインで出来なかったのがめんどくさかったけど。木・金の予選ラウンドだったので、A+席一枚USD73。1万円以下で見られるなんてオイシすぎ。(土日の決勝ラウンドだと値段も跳ね上がってUSD200超になってました。跳ね上げすぎ。)チケットはFedexで2−3日後には届いた。郵送代とか手数料合わせても2日分で2万円ちょっとでした。

tmc 139.jpgコレがチケットだす




posted by Nissie at 10:00| Comment(29) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Day1[11月15日]

午後便なので午前中にゆっくりと支度。午前便を使うと準備があわただしくなったりするのだけど、それがなくていい。午後便ってのもいいものだわね。姉様に空港まで送ってもらう。感謝。
本日のフライトはJAL共同運航の「中国東方航空」・・・。よもや私が中国民航に搭乗しようとは!!コレに乗る/乗ったと言ったら、家族・友人全員ドン引きだったけど、誰より私が一番引いてたんだってば。でもその後のJAL便にしていたら、試合に間に合わなかったんだよー。
3−3席だったので、窓側をゲト。1時間半のフライトやし、トイレにも行かんやろ。っつうか、通路側にして、前を中国オッサンに横切られたりすんのが、嫌だったんだよね。

免税店にて化粧品(いつも使ってるやつ)購入。結局この旅で一番高額な買い物がコレだった。親友K辺のような買い方をしたなぁ。(いや、全然かないませんけど)
ほどなく搭乗案内。

tmc 006.jpg

頼んだぜ



着席した瞬間、隣〜二つ隣の席にハエが一匹プ〜ンと飛んでいるのを発見(笑)そんな雰囲気出してくれなくてもいいよ!
まあでもフライトは普通でした。

tmc 010.jpg

機内食。マズそう(笑)
杏仁豆腐をちょっとウマイと思ってしまったのは内緒だ。



tmc 009.jpg

ずっとコレを見ながらのフライト・・・何がしか敗北感。



機内食タイム〜機内販売タイムが終わるとスグ着陸態勢に入る。ち、近い!
体感時間的には東京行くより近い感じだったなぁ。
JAL便福岡〜上海線は、機内食も機内販売も割愛しているらしい(未確認)。
そうしたくなるのもわかる近さだった。

tmc 012.jpg

海か河か知らんが汚ねぇな!



浦東空港到着〜。3万円ほど両替して即出。
入国書類以外にも、税関申告書とかもきちんと書かなきゃいかんかったりして、ちょっとだけ面倒だった。

tmc 014.jpg

タクシー。けっこう行列。つか、列作れてるやん中国人!




tmc 020.jpg
乗り込む。この「運転手ガード」がどのタクシーにもデフォで装着されていた。金のやり取りもこのガードの上のわずかな隙間から行われる。めんどくさ!小窓とか作ってよ、そのほうがカワイイし。
車はほとんどフォルクスワーゲンだった。

そしてとにかく飛ばす飛ばす。常に90km/hくらい出ていたのではないか。運転が荒いとは聞いていたが。本当に、車一台分の隙間があれば車線変更するし。

ホテルに到着。ここでアクシデンツ発生!!
予約者名簿に名前がありませんでした・・・。オーノー!!
ところがコレが予想を裏切ってサクサク処理してくれたんだよ(笑顔で!)。ちゃんとバウチャーをプリントアウトして持って行っておいたのがとっても良かったんだけど。バウチャーに「前払いしてあります」とデカデカと書いてあったし。やーでもバウチャー持たずにパスポートとクレカだけでチェックインする悪癖もついているのですが、今回ばかりはほんと助かった。

無事、予約通りの部屋へチェックイン。部屋については後述。
荷物だけ置いてスタジアムへGO。既に4時半、第一試合のスタートには間に合わんな。
ナル早で急げ!

地下鉄。Suicaみたいなの購入。こういう小銭要らない系は旅行者にも便利やね。デポジット20元発生しますが、まあ、記念にも。
一号線で終点シン庄駅まで(シン=草カンムリに辛)。11駅、遠い・・・。でも10元しなかった。安い。
地下鉄、何回か乗ったけど、車内はいつも混雑。バッグをしっかり胸前で持って立ってた。
一車両にひとりは中川家弟みたいのが乗ってた。
車内照明がなんっか暗いんだよね。蛍光灯のビカビカした感じではなくて、ちょっと白熱灯っぽい感じ。
そして、乗るとき、降りる人が先とか、本当にない。一回降りそこねている女の子も見た。
あと、物売りか乞食のどちらかに必ず遭遇した。座ってたら子供の乞食が私の前でおじぎを始めようとしたので、反射的に目を閉じてうつむいてしまった。やめてくれ本当に。
ちょっとして目を開けると、そいつは別の外人の前でおじぎをしていた。外専か。

シン庄駅到着。おぼろげに見ていたスタジアムの案内図から判断して南口からタクシー乗車。
スタジアム名は「ジーチョンなんとか」というのだけど、絶対に伝わらないと思ったので、チケットについてきてた小さいパンフを見せると、すぐ分かってもらえた。
どうでもいいが、パンフを見せていると、そこらへんの客待ち運転手がワラワラ寄ってきて、私が乗るタクの運転手に「あそこだよあそこ!!!」みたいに言うのな。ヒマ、かつ、おしゃべり好き、加えてお節介なんだろうな・・・。

駅からスタジアムまではタクシーで15〜20分、30〜35元くらいだった。
工業団地、というか、それを管轄する会社が立ち並ぶ道をずーっと行く。NEC、DAIKIN、SHARPなど、日本の会社もいーっぱい。上海の一面だなぁ。市内中心部とはうってかわって広い道→タクシー、激走。高速じゃないのに90キロペース。いや、もう本当に、そんな逆走してまで追越してくれなくてもいいですから!!!

本当にスタジアムに着くのだろうか・・・とちょっと不安になってきたころ、周辺の街頭に大会の垂れ幕が増え始める。同時に、道端にチケットを手にかざしたダフ屋らしき人々がポツポツと・・・(笑)こんだけどの車も激走してるのに、停まるヤツなんているのか?

会場到着!ライトアップが悪趣味!
タクが停まると、女のダフ屋が窓をベンベン叩いて寄ってきた。でも、いらねーよみたいなジェスチャーをすると、すぐ離れてはいく。そんなにタチは悪くない。日本の野球場周りのダフ屋と同じくらいの民度と考えてよい。
降りると・・・ダフ屋どうしの口論を目撃!これがもう、凄かった!!客の取り合いだか縄張り争いだか知らんけど、中国語で(当たり前)、ありったけ叫びあっている・・・まさに喧々囂々!!そしてその2人をとりまく野次馬ダフ屋大勢(やれやれー的なヤジ多し)。・・・凄まじかった。笑わせてもらった。

スタジアムに入る。一応、X線荷物検査などあり。
入ると一試合目のナダル×ジョコビッチ、4−3ナダルだった。
うわ〜・・・感激ッス!!!
私の席に見知らぬ中国人が(広東語話してたけど)座っていたので、「この席のチケットもっとるのか?」というと、怯えたようにどいていった。今私、髪が凄い長くて、格好も黒づくめだったので、それなりに怖かったのかもしれませんね。しかしその後もちょっとお手洗いなどで席を外して戻ると、必ず誰かがそこに座っていたのはどういうことだ。民度か。
席の周りは日本人が凄く多かった。後ろのオバサン3人組の一人が、靴脱いで私のイスの背に足を置いてきやがったので(こういうのは凄く許せないんだ、リラックスして見たいんなら家で観とけとか思う)、ちろ〜んと下から上に一瞥したら、あわてて足をお戻しになった。・・・それなりに怖かったのかもしれませんね。

tmc 034.jpg
コレがA+席からのズーム無しの眺めです。充分堪能できる距離でしたよ。

tmc 068.jpg
ナダルカッコエエ〜。生バモスも見たよ!
私のこともバモってたもれ。(←バカ)

tmc 049.jpg
ジョコビッチ。100%ではなかったけど楽しませてくれました。

tmc 039.jpg


スペイン応援団。バカくてイイ。




tmc 060.jpg
ナダル勝った

なんつーかセレモニーの時の照明がさ・・・物凄い悪趣味なんだよ。

tmc 081.jpg

こんな感じ
なので


tmc 069.jpgナダルとMCのインタビューのときも・・・
なんで「ちょっとだけよ」みたいな雰囲気に・・・

スタジアム外観も含めてやけど、なんかほら、金持ちにしか体現できない悪趣味、ってあるやん。あれの権化でしたね。

第2試合。ガスケ×フェレール。
好調のフェレールがガスケを圧倒。つか、やる気あんのかガスケ。tmc 096.jpg
フェレールは生で見ても、ずんぐりむっくりのアポロン神みたいだった。

tmc 108.jpg
ガス欠ガスケ

帰り。ダブルスをちょっと見たり、グッズ見たりしてウロウロして、スタジアムを出てタクシー乗車。(このとき、中国人が割り込みしながら乗っていたので、「・・・コレが『割り込みしないやつは永久に乗れない、中国ルール』か!」と思って何台か手前の空車に強引に乗り込んだら、その後の皆さんはちゃんと並んでいて、白い目で見られました・・・スンマセン!!)
シン庄駅と書いたメモを見せ、トレイン、とか言っていると、交通整理のおじさんが、腕時計を指差してNOのジェスチャー。もしかして電車がない?いや、そんな。10時とかやし、そんな。
果たして駅についてみると。
みごとに終電終わってました・・・。
初日からなんたる失態。しかも中心部ではないところが絶望的。(福岡でいうと周船寺とかの感覚。異国の周船寺で終電逃す、って、コワいやろ?※周船寺の悪口ではありません、イメージねイメージ)
駅構内にいる人たちがワラワラよって来る。つか、終電終わった後の駅構内に居る人種なんて、まともな層ではない。おそらくは白タク、バイタク、リキシャの客引き。しかも市内中心部の人より、なんかギラギラしている。コワー。
南口に戻るのはちょっと距離があったので、北口まで走り抜ける。タクシー乗り場くらいあるはず・・・あるけど、北口自体が暗い!結局、タクシー乗り場に着くまでにバイタクにワーワー言われ、ほうほうの体でタクシー乗車。鳥肌実似の運転手。しかも、地元のタクシー会社(周船寺タクシー?)なので、車体とかもボロ目。ええい、ままよ!
携帯で話すフリなどして、ひとりだとバレないための偽装工作などを空しく行ったりする(笑)。自意識過剰と自分でも思うけど。
そのうち、運転手がなんか話し始めたので、「えっと・・・我不会中文」などと言ってみたところ、そいつはハンズフリー携帯で誰かと話していただけでした。わはははは!恥!

ホテルに到着。さすがに周船寺タクシーなので、どこがホテルの入り口かよくわからなかったみたいでとりあえず香港プラザで降りる。そのときも、「このホテルの電話番号に掛けてみてもいい?」(ホテルの電話番号入りのメモを渡していた)っとか聞いてきて、改めて意外な質の良さに驚き。ていうかさ、接客業の人としか話してないからかも知れんけど、みんな愛想も礼儀もいい。なんかさ、・・・もっと釣銭とか、投げて寄こしたりしてみせてよ・・・(マゾ)。

つっか、どうも行きも帰りも、スタジアムと、市内の上海スタジアム駅とか虹橋とかをつなぐ無料のシャトルバスが出ているみたい。でも、正直ちょっと良くわからなかった。出発のタイミングも集合場所も。この点は運営側に多少問題があるかなー。でも、今まで旅行してきた勘から言うと、このテのものは時間が読めなかったり(先発のに乗れなかったり)して意外と使い勝手が悪いのではと推測。時間がない人は地下鉄+タクシーが無難と思う。そうしてる人も多かったし。地下鉄の最終さえちゃんと確認してればね(笑)。
それか、周船寺から市内までも50元くらいだったので、いっそ全行程タクシーでもいいかも。1,000円かからない感覚でしょ。渋滞さえなければ地下鉄+タクより早く着く感じもした。

非常にお腹がすいていたので、ホテル周りをちょろっと物色するもどこも開いてない。
仕方がないのでローソンでPOP−PANと青島ビールを購入。腹を膨らす。

tmc 132.jpg中華圏ファンにはおなじみ「POP−PAN」。
けっこう好き。
つか、私が部屋でひとりで飲むとか、珍しいんですが。



イヤーでも今日私、がんばったよ!半日前まで福岡におったとは思えん。


☆おまけ☆
tmc 013.jpg
屑カーゴ





posted by Nissie at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御宿の件

ホンコンプラザ・サービスアパートメント
Hong Kong Plaza Service Apartment
上海淮海中路282
http://www.hk-plaza.com.cn/

「香港広場(ホンコンプラザ)」という、ショッピング&オフィスビル(ツインビル)の北塔の一角をなす。
ちなみに南塔には、「小室哲哉プロデュースの最先端ディスコ」という突っ込みどころ満載のキャッチフレーズを持つディスコ「Rojam」が入っている。行ってみてもよかった。
プレミアフロアのキングサイズ・ストゥディオにしてみました。
ワンベッドルームの方が安かったのが謎。狭いのかな?次回泊まることがあったらそっちにしてみようと思う。
tmc 125.jpg
tmc 127.jpg
tmc 135.jpg

[いいとこ]
■立地/周辺環境。淮海中路沿いで、地下鉄「黄ピ南路」駅から1分。直結はしてないけど、交差点渡ってすぐのところにある。
まわりにローソン、24時間の豆漿店(ワンタンとかも食べられます)、スタバ(今回「モンカフェ」を持参するのを忘れていたため、とっても助かった)、マッサージなど、それぞれひとつずつはあって、徒歩圏内でいろいろ済ませられたのは非常に良かった。
一応、太平洋百貨とかのデパートもあったけど、日本人はあまり用は無いのでは。
ユニクロもあったな。パンツを忘れても安心。
どっちかっつーと、侠西南路駅付近に比べると、他に目立ったホテルもないし、観光日本人は少ないのか、いわゆる「観光日本人目当ての嫌な輩」には遭遇しなかった。けっこうポイント高いかも。
■フロントの対応、ベルの対応、などなどは一定の水準。不快な思いもせず。
ただ、2日目、モーニングコールの時間を間違えられた!これはイカンでしょう。そんな毎回毎回ではないでしょうけども。
■部屋の広さは充分。5星のスタンダードルームくらいの雰囲気はあった。室内金庫、バスローブ、スリッパなど、必要なものは揃っていた。
しかし、バスタブが無かった・・・。コレは痛い。部屋によってはあるのかも。
■電話料金が良心的だった。市内電話は普通の料金のみ、国際電話もIDDの使用料のみで、手数料を取らない。日本の固定電話宛1分半で17元とかそんなん。サービスアパートメントならではかも。
私の携帯は中国非対応だったので、とても助かった。街の電話はけっこうあるけど硬貨が使えなかったりしてよくわからんかったし。
■セキュリティ的にはまずまず。フロント(8階にあり)の前を通らなくても部屋に行けてしまいはするが、カードキーを挿さないとエレベータのボタンが押せないようになっているし、1階ロビーにもいつも従業員は居たので、まあ安心でしょう。
■新天地に近い。まあ、どれだけメリットか分かりませんが、あそこが好きな人には良い立地でしょう。新天地ねぇ・・・個人的には安心して夜フラフラ出来る場所、で、それ以上の価値はないと思ったけど。
tmc 223.jpg

太平洋百貨。奥に新天地も見えてます。


tmc 224.jpg
tmc 225.jpg



[わるいとこ]
■遮音性が低い。14階の部屋でしたが、外のクラクションが聞こえる。
あと隣の部屋のシャワーの音、ドライヤーの音、子供の泣き声、ドアの開け閉めなども聞こえた。起きてしまうほどではなかったけど、あまりそういうことに過敏でない私でもちょっと気になったので、ダメな人はダメかも。

ジム、プールなどは使用していないので分かりません。
ルームサービスは24時間ではなかった。(だから青島ビールとPOP−PANで飢えをしのぐことになる。)

posted by Nissie at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Day2[11月16日]

9時くらいに起きただろうか。つか、けっこう寝たかったので遅めにモーニングコールを頼んでいたのだが、間違えて早めに鳴らされた!キィィィィ
雨模様だなぁ・・・。誰のせいでもないけど、短期旅行で雨だと萎える。
とりあえず外に出てみる。傘をさすか、ささないかくらいの雨。ローソンに行くが「傘が、ない〜(陽水)」折りたたみしかない・・・なんか意味なくね?いったん出ると、交差点のところに即席傘屋が出ている(立ちんぼ)。面白いし買ってもよかったのに、なぜか売り子に声をかけられると反射的に「要らない」と言ってしまう奇癖が出てしまった。いくらくらいなんやろな。
交差点で信号待ち。意外とみんな待ってるなーと思ったら、どうも「マナーアップキャンペーン」中らしくて、
tmc 163.jpg
こんな看板が出てたりして

警官が出て、信号無視をしようとする人を制止しまくっていた。
新天地がほとんど開店前だったので、その裏の淡水路を散策。超都会の真ん中なのに、一本入ると昔の商店街が広がっていてオモロイ。
tmc 143.jpg
tmc 145.jpg
tmc 149.jpg
tmc 148.jpg

tmc 147.jpg

肉まんを買い食い(引くやつは引けよ)。0.8元。



tmc 151.jpg
tmc 153.jpg

その後調子に乗って、復興路に出て開口笑(ドーナツみたいなん)と葱油餅を購入するも、冷えててマズイ(笑)。

tmc 155.jpg

tmc 226.jpg
街もTMC一色であります〜。

tmc 159.jpg

開発しまくりだな(どうでもいいが建党86周年って、祝うには中途半端なのでは)


しかしかぶりをふると

tmc 160.jpg
真向かいにはこのような長屋・・・ベージュのパンツとか堂々と干してあります。
どんどん壊されちゃっていくんだろうな・・・。


tmc 140.jpg新天地。だいぶ開店してきている。日本の修学旅行生とか、とか、とにかく観光客ばっか。夜になると地元の人/ガイジンも増えるっぽい。
それにしても、昔の建物を生かして作った街、ってのはポイント高いし、居心地も悪くないけど、なんかテーマパークに居るような・・・。作られた街に居らされてる感じもした。
昔のハウステンボスの名CM、ヨーロッパに行ったおばちゃんが「ハウステンボスに来たごたぁね!」って言うやつを思い出した。なぜか。
意外と住んでたら、ちょっとしたパーリーとかで使うのかもね。

ホテルにいったん帰る。なぜなら・・・髪の一部が肉まん臭かったから(泣)。アノ、どこで買っても入れてくる、うっすいビニール袋、あれ染み出してくるって!その手で髪を触ったから・・・。
気になるところを洗面台で洗ってぼーっとしてたら昼寝してしまった。1時間半くらい?でも超スッキリした!!こういう、気ままに休憩できるのは、ひとり旅の大いなるメリットだわ。

大上海時代広場(これ香港の時代広場の経営でせう多分)とか、マッサージ店の下見とかしてぐるぐる。「Spa Lotus」の入っているビルの警備員にうっかり英語で話しかけてしまったところ、「俺は中国人だから中国語で話して」と、中国語で威圧的でもなく言われて、そりゃそうだよなぁと思った。スマンっす。

ちょっとちゃんとしたものを食べようと、近くの鶏料理屋に入るも・・・大失敗。注文も通じないし。米の飯持って来いと言ってもこない。なかったのか?おまけに鶏蒸しは一部血とかついてて、さすがの私もこれはカンベンだった。ほとんど食べずに退席。ガイドにも載ってるとこだったんだけどな。(鶏蒸し半斤23.5元とか書いてあるとこです)おとなしく一茶一坐とかに行っとけばよかったよ。

そろそろスタジアムへ向かうか。
昨日と同じ手順で向かう。あっ、終電の時間を調べねば!
22:20か・・・昨日はギリギリ逃したんだなー。

スタジアム到着。
tmc heiba.jpg

あれ、なんか人だかりが・・・昨日は急いでてスルーしてたけど、



tmc 166.jpg

なんだあれ



tmc 169.jpg


へ、兵馬俑?!



tmc 168.jpg

わはははははは!




凄いセンス・・・。出場選手8人の兵馬俑が並んでいました。
みなさん一緒に写真撮ってましたよ。ここでも人気の差は歴然、ほとんどがフェデかナダルと撮ってました。わたしも、せっかくなので、王者と一枚撮りました。

第一試合、ゴンザレス×ダビデンコ。
ゴンが決勝に進むには、これに勝って、尚且つその次の試合でフェデラーが負けなければいけない。必死なフェデラーが見たいので、ぜひともゴンには勝ってほしかったのだけど、
tmc 175.jpg

      ・・・負けやがった・・・

っていうか、ダビデンコ、もう決勝進む目ないのにこんな時に勝ちやがった・・・
tmc 174.jpg
地味男のくせに!!!

第二試合の前にフードコートなど行ってみる。美味しくもないホットドッグ30元。会場価格。

tmc 179.jpg
フードコートでバンド演奏をするガイジン。
もの悲しい・・・。
「オレ、中国来て何やってんだ・・・」と思う瞬間がきっとあるはず。



第二試合、フェデラー×ロディック
もちろん、これだけの大会なので、どの人が出てきても盛り上がるし、声援もあるのだけど、
tmc 204.jpg

ロジャー・フェデラー。この人はやっぱ、別格!!
出てきたときに会場の空気が変わる。

tmc 195.jpg
ロデ、ごめん、けっこう好きやけど、ただのヤンキーにしか見えん。

tmc 186.jpg
生で見られて本当に感激した〜!

試合はフェデペース。ロデは最初からやる気があったのかどうか。
フェデのテニスは本当に・・・美しいというか・・・もっと見たい、ずっと見ていたいと思ってしまうシロモノ。大げさじゃないと思う。236km/hでエースを取るロデは、そりゃさすがに盛り上がるし「ワーオ!」とは思うけど、フェデは175km/hでエースを取る。「ほう〜・・・」という感じになる。
会場も、フェデが凡ミスしたら、「猿も木から、落ちるよ、落ちる!」みたいな雰囲気になっていた。

そうそう。一回、インプレー中に、私のすぐ近くで、中国人の女の子が癇癪を起こして、ギャーギャー言って黙らなかったわけ。そしたら、フェデとロデが、一緒にその地点を見上げてきて。
「一流の選手が、迷惑がっている・・・!!」
なんかもう凄いドキドキしてしまった。オマエもう謝れ、しんdrftgyふじこpl;ってなった。結局その女の子は親が引きずり出していったんだけど。

tmc 192.jpg
フェデとボールボーイが一瞬見分けつかない件

今日はシングルス終わって即出。楽しかったよ〜。

あ、一点だけ。会場、トイレがヤバイ・・・。紙を桶に捨てる、アノ中国式。
私は和式便座文化を持っているので、なんとかしのいだけど。並んでいたガイジンさん、相当つらそうだったぜ。こんな世界的な大会やるのに、なんで洋式で作らんかね?

tmc 211.jpg
ゲートの外で、どうやらネットで拾ったらしきフェデラーやナダルの画像をパネルに(笑)したものを売っている。ジャニーズ終わった後のマリンメッセのよう。肖像権などという崇高な意識は、まったく、無い。

あ、出たとこでもけっこうダフ屋に話しかけられます。次の日のチケット持ってるか?とかかなー。よくわからんかった。
タクシー長蛇の列!一回ズルして反対車線で停めようとしたけど(まるで立ちんぼだった)拒否られる。うぅ〜。ちゃんと並んで、15分くらいで乗れた。
今日はちゃんと地下鉄で帰りましたよ。帰り、物売りから新聞買ってる市井の人を見た。需要あるのね。


☆おまけ☆
ゴンの兵馬俑に群がる中国の子供
tmc 207.jpg











おすまし☆
tmc 208.jpg
posted by Nissie at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Day3[11月17日]

モーニングコールは頼まず(笑)適当に起きる。
今日は街歩きの予定。だって・・・はじめての上海ですもの。(笑)よく考えたら。
侠西南路駅まで出て、もうひとつの宿泊候補だった錦江飯店沿いに茂名南路を北上。・・・と。
「カワイイネー」「ニセモノ アルヨ」攻撃に合う!
アジアに来たなーと実感。でもでも、こんな街中で合うのはアジアでもなかなか無いよ。
ちょっとした観光地ではものすごく合うけど・・・。さすが上海といっても中国、あと、この道はオークラガーデンホテル(あのオークラの経営)と錦江飯店に挟まれた道。そうか、そりゃ日本人狙いの輩、多いわな。さらに新錦江飯店もすぐ近くにあるし。この辺に泊まるとそういうリスクがあるのか・・・危害を加えてくるわけではないけど、厭な気分にはなるもんなー。ちなみに御宿の件でも書いたけど、私の泊まっていたあたりでは全然遭遇しなかったよ。
とりあえずアタリをつけていた茶餐廳的な「避風塘」へ。なんか香港的なものを求めていたらしい。雰囲気は香港の茶餐廳そのもの(明るめの)。
お茶が出てくる。・・・ウッ・・・水の臭いが残っている・・・!それ以上手をつけず。
(上海の水の臭いが気になるのは誰しも認めるところで、ゆえに私も、口をゆすぐのにもミネラルウォーターを使うというセレブぶりの4日間だった)
咸水角、エビ入り腸粉とマンゴープリンを注文♪香港来たみたい、たのしい。
tmc 227.jpgtmc 229.jpgtmc 230.jpg
準備できたものから出す→マンゴープリンが先に来るのはご愛嬌さ。
メニュー読解にいそしんでいると、エビ餃子やボーローヤウ、ナイチャーもあるもよう!また来てもいいな、と思ったのだが。肝心のお味は?
・・・んー、マンゴープリンはそこそこ。でも咸水角と腸粉はイマイチかなー。(比較対象が香港・パウ馬地の誉満坊なので無理もないか?あぁ香港行きてぇ!
tmc 228.jpg
メニウです
私のテーブルに日本人男性と現地の女性のペアが座ってきた。会話は日本語。途中で私が日本人だとわかると、なぜか男性小声に。別にエロイ会話してたわけでもないのに・・・。なんですか、なんかやましいんですか?
店を出て長楽路を歩き、足の角質削りに「水秀坊」へ。色々調べてやっと見つけたんだ〜い。ネットではオプションって書いてあったから、マッサージしないとダメかと思ってたけど(私は足ツボマッサージの類が大嫌い)、単品でやってくれました♪多分昼間で人が少なかったからだと思う。25元、やっす!!!ウデもまぁまぁでしたよ。
こんなとこ。ここでマンツーでした
tmc 236.jpg
やってくれた兄ちゃん(色白がっちり、スポーツ刈り、腕には翡翠の2連腕輪・・・おーチャイニーズ)日本語が堪能だった。客の7−8割は日本人なんだって。あと
「日本のアニメがすきでーす、だから学校で日本語勉強する」
って言ってた。お決まりのフレーズやね。何のアニメが好きか聞いてみると、「ナルトとワンピース」だそうで・・・まっすぐ系やね。安心してスカート履きの脚を預ける(笑)バスタオルは掛けてたけど。くりぃむれもんとか言われたらちょっと困ったね(見てても言わんて)。ちなみにエヴァとかガンダムの話を振ってみたけど無反応だった。
続いてGarden’s Bookstoreへ行き、本を物色。洋書系のオサレな本屋。
「上海百景Changes」(?だったかな)を購入。上海のいろんな場所の今昔を撮影したもの。激変しとりますなー。
それから、セレクトショップが集まっている通り(新楽路)に出る。と言っても、日本人はあまり買うもんナイと思う。博多駅交通センターの地下、みたいな店の集合。オシャレな上海っ子のリアルショッピングゾーンというの、納得。
外観はこのようなカワイイ店もあったよ
tmc 233.jpg
それよりも、ここが「リアルショッピングゾーン」なのだなと思わされたのは・・・
ニセモノ売りが多い!!
バッグとか時計とかを羅列した写真をはさんだファイル片手に、シャオチェーシャオチェーととにかく話しかけてくる。もちろん現地の人にも。中には服を引っ張ったりするのもいて不快。中国語を無視してたら、「リーベンレン?ハングオレン?(日本人?韓国人?)」って言って引っ張ってきたので、「不要!」と言って去ってやったわい。立ち止まったら負けやね。
上海では買い物が全然楽しめない(台北の方がマシ)。デパートでもどこまで本物かわからんから、現地のセレブたちも、ブランド物買うときは日本に来てデパートで買ったりしてるらしい(ホントかどうかは??)。福岡とか近いからけっこう来られてるらしいよ。
淮海中路に出てエッグタルトを買い食い。リリアンケーキショップ、黒山の人だかりが出来てました。
tmc 242.jpg
地下鉄乗って衡山路へ。雰囲気を味わいたくて行きました。たしかに、プラタナス並木がいい感じですな。
tmc 246.jpg
新華社通信
tmc 243.jpg
あとバーストリートとして有名なココだけど、なんか、昼間行ったけど、なんとなく男っぽいエリアなのではないかと推測。風俗とかじゃないんだけど。香港で言うと、蘭桂坊ではなく湾仔(Jaffe Rd.あたり)の雰囲気。
tmc 251.jpg
tmc 253.jpg
中心的なキリスト教会があって、ちょうど結婚式やってた。オメデトス!!

またまた地下鉄で。人民広場駅で2号線に乗り換える。かなり歩かされる、そして通路が人人人、なのに蛍光灯がポツポツしかなくて、薄暗い・・・アジアだなぁ。つっか、なんか日本の終戦後みたい(知らんけど)。傷痍軍人とか居そうな雰囲気だった。
こんどは浦東側へ。外灘を対岸から見たいのだ、夕暮れに!・・・まあ、結果、天気のせいで思ったようなビューではなかったがな・・・。
tmc 259.jpg
外灘。香港みたい・・・。
この川にフェリー走らせればいいのに。

東方明珠塔。ランドマークって、やっぱり見るとテンションあがる!
曇っている上にガスってますが。
tmc 257.jpg

地下鉄駅まで移動。途中、白人にナンパされたっぽかったけど疲れていたのでダダ無視。
また、交通量が激しいにもかかわらず信号の無い道を横断。くじけそうだったがでっかい白人2人連れの陰に隠れるようにしてなんとか渡った。
次に南京西路駅へ。呉江路の小吃、買えそうだったら食べたくて。
が、ガイドの地図が間違っており、イキナリ暗い裏通りに出てしまいびびった。アレはあぶないわー。なんか、秘密の性病治療所みたいなのとかあったよ。
ポコッと偶然曲がったら発見した、小吃街!
tmc 276.jpg
こんな雰囲気です
tmc 269.jpg
有名な生煎買いました
tmc 270.jpgtmc 274.jpg
けっこう固い(焼きがついてるとこが。)柔らかいと思って食べたら、差し歯の人とかあぶなそう

南京西路自体は、言われているほど華やかな通りではなかったという印象。営業してないっぽい店も多くて。特に一本裏に入ると、凄く暗かったりする。昼でも暗そうな感じの。淮海中路とはまた違った感じだった。古い街なのかな。

さすがの私もツカレターよ。いったんホテルに。この時点で8時回ってた?かな?
tmc 283.jpg
ねるとんみたいな番組

みやげのことも気になってきたので、買い物がてら新天地へ。
人、多ッ!とりあえずANNABEL LEEで母・姉へのみやげ購入。
その後フーラフラして(新天地内に居る限りは全然安全、テーマパークですし)、ようやっとライブハウス「新天地ARK」へ。いや、まあ、職業柄というか、というよりは、ひとりで飲んでてもそんな浮かなそうだったから。
人多い〜。地元のバンドがいくつか出てた。とりあえず、黄色人種が「ワンツースィーフォー!!」とか「センキュー」とか言ったりするのはやはりこっ恥ずかしいのだなと認識。日本で普通に見てたら全然なんも思わんけどね・・・。
ARKを出て、念願のマッサージに!ココ上海のいいとこ、それはマッサージの類が安い!しかも、押しまくるだけの地場系ではなく、オサレなアロママッサージ系とかが安いのよ。アロマオイルマッサージ全身90分¥5,000ちょっとよ。この辺は台北より良いわ〜。
太倉路の「GREEN MASSAGE」へ。日本人の間では有名らしい。飛込みだったけどラッキーなことにやってもらえた。(通常、週末の夜とかは予約がないと厳しいことが多いみたい。ラッキー)
異国でオイル系のマッサを受けていると、「なぜ、わたしはこんなところでスッ裸に・・・」という気持ちになりますな。

おおもう1時まわっとるやんけー。ホテルに戻る。途中、タバコ屋(ってこんな時間に空いてるのね)で、「上海烟草集団公司」(JTみたいなもん?)のロゴ入りライターをお土産用にいくつかゲット。カウンターの中でにいちゃんがワンタンを食べている、由緒正しいタバコ屋だった。

明日午前便やしあんまり寝れねーなーと思いつつ寝たのですが、
・・・アクシデーント!!
なんと、歯が猛烈に痛くなってしまったのです。
よく、海外旅行の手引きとかに、「歯科は保険が効かないので、日本で治療してから行きましょう」みたいなこと書いてあるのを見かけて、「海外行ってまで歯痛くなるやつなんていんのかよープッ」とか思っていたが、よもや私がそうなろうとは・・・。
いやーしかししんどかった。ウトウト寝ても、痛くて起きるの。起き上がってほっぺた押さえたりして、そのあまりの地味な痛がりぶりに、ちょっと泣けた。

☆おまけ☆
tmc 2201.jpg
寿司だ





posted by Nissie at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Day4[11月18日]

あんまり寝られないまま6:30起床。ちょっと痛みは治まっていたので、ホテル近くの24時間豆漿店へ。着替えるのが面倒で、アディダスのジャージ+黒のピタスエットパンツ+なのにブーツというヘンテコな格好(スッピン子)。甜豆漿とエビ水餃子を注文。お吸い物がついてきた(笑)。油條が無かったのが残念。
tmc 289.jpg

店を出てみると、ローソンの前に屋台朝御飯屋が出てた。日曜なのに出るんだー。
tmc 291.jpg
朝はまた街の表情が全然違って、面白かったな。
そうそう!このとき初めて、「手ばな」してる人、ミターーーー!チャイニィィィズ

スタバに行ってコーヒー購入。とにかくスタバは、全員愛想がいい。良すぎ。

パッキングしてベル呼んでタク呼んでもらってチェックアウト。
さよなら上海。なかなか楽しい街だったぜ!
タクの運ちゃんが屋台で買った朝飯(飯団と思われる)を食べながら運転してるのも、またご愛嬌なんだぜ。

アタクシが泊まってたとこ
tmc 294.jpg
高層ビルばっかりでかっけー、上海!
・・・なのに、
tmc 297.jpg
たこあげしてたよ!!(見えるかな?)奥が深い、上海!

・・・でも、コレで終わりではございませんよ。
向かった先はリニアモーターカー龍陽路駅、コレに乗って空港まで行くのでーす。
tmc 302.jpg
世界唯一の商業利用リニア。(英語ではMagrevと言わないと伝わらないので注意)
tmc 306.jpg
見えるかな?最高時速431km/h!
じっさい、けっこう揺れて、ちょっと恐かったッス。アヒャ。

空港着くと、朝便の日本行きはけっこうどこ行きも長蛇の列だった。
特に福岡便は列進むのが遅くてのう。早めに行っておいて良かった。

ゲート付近で姪甥義兄へのみやげゲット、人民元を使い切りました。

☆おまけ☆
tmc 119.jpg
貧乏
posted by Nissie at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おわりに

<まとめ>
上海。いつか行くだろうなとは思っていたので、今回行くタイミングがあってよかった。
とくに万博前に一回行っときたかったんだよね。以下雑感。(本文と重複あり)
[いいとこ]
@近い。(手前中心ですが)
A都市高が無料。しかも広範囲にわたって整備されている。
まさかODAとかで作っておるまいな?!
Bタクシーと地下鉄が安い。非常に動きやすい。
Cガイジンが多い。変な意味じゃなくて、つまり人々がそこそこ外人慣れしているので、外人であるということで嫌な目にはあわなかった。
D英語が、どこででもは通じない。コレはいいとこに入れときましょう!愛すべき、って感じで。


[わるいとこ]
@水が臭い。コレはけっこう、長く居るとストレスになりそう。髪とか肌にも良くなさそうだなーと思った。
A喀痰、手洟の健在ぶり。特に前者はもうどこにいてもカーッカーッ聞こえて不快。アレさえなければもう香港・台北並みに街歩きは快適なのに。
でもなくすのは難しいよなー。だって、私たちだってもし「明日から咳一切禁止!」とか言われたら、ツライやん。
B昔よりはかなり改善されているらしいけど、やっぱり列は作らない。地下鉄カード買うときとかも、フツーに割り込みされた。フツーに。負けないシタタカさは必要。短期の旅行だとまあ楽しめるけど、長期でいちいちそんなんだと疲れそう。
C交通マナーが悪い、運転が荒い。ぜぇぇぇったいに事故とか多そう。
D買い物を楽しめない・・・やっぱ買い物は香港ですなー。


<旅について>
今回の旅に関しては、なかなか総合点の高い旅が出来たと思う。
見たいモン見て、行きたいとこ行って。
ひとり旅でたまに(主に終盤に)感じる寂寞とした感じもあまりなく。
(↑これは、あってもいいんだけどね。日々の何気ない生活をありがたいと思うようになったりするから。)
マ、忙しく過ごしてましたしw

今回思ったけど、私、「旅慣れてる」というより「旅ずれてる」。
「旅ズレした人」・・・。

いいのだろうか・・・。



tmc 164.jpg
posted by Nissie at 00:20| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。